うつ病

憂鬱な気分や無気力な状態が長期間に亘って続き、日常生活に支障をきたすのがうつ病です。やる気が出ない状態や情緒不安定などの症状が続くのは、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の働きが悪くなっているからです。現代では、この神経伝達物質の分泌を良くする安全な薬(SSRIやSNRIなど)をわが国でも使用できるようになっているので、それを飲んでいただくと、うつも改善していきます。しかし、ただ薬物療法のみをするのではなく、精神療法(特に認知行動療法)を併用すると、さらに改善しやすいことが知られており、当院では、合う方には認知行動療法によるカウンセリングを、お勧めしています。