千代田区富士見町では、すでに秋祭りの準備が始まっています。

相変わらず猛暑が続いていますが、当院のある千代田区富士見町では、すでに秋祭りの準備が始まっています。
そろそろお囃子の練習の音なども聴こえてくるでしょう。
毎年、この祭りの準備を見ると、もう夏が終わることを感じさせられます。


夏の間中、街のそこかしこで咲き誇っていたサルスベリの花も、さすがに勢いをなくしてきているように見えます。





社会人の皆様は、もう夏休みも終わっているでしょうし、学生さんは、夏休みあけの講義への準備を始める頃でしょうか。

文系の大学では、夏休みの終わり、まだ本格的な講義が始まる前に、「集中講義」というのがあるのですね(医学部には無かったので、よく知りませんでした)。
朝から夕方まで、1つの科目の講義を一人の講師から受けるというものです。
実は私は、春とはまた別の大学院で、今年から、集中講義を受け持つこととなりました。

ということで、院内にはすでに掲示しておりますが、私(三宅)が講義のために不在となるので、当院は休診とさせていただきます。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、悪しからずご了承のほどお願い致します。

これまでも書かせていただいたように、誰かに教える時には、自らもいろいろと学ばせてもらっていると感じることが多々あります。
今度の講義でも、また学ぶことが多いのだろうなと、とても楽しみです。
そして、その得たものを、休診明けの臨床に活かせたら、と思っております。

(それにしても、サルスベリって、綺麗な花ですよね。花の少ない夏の庭や街を華やかに彩ってくれます。
前から欲しかったのですが、大きな木を植えるスペースもなく迷っていました。
先日、盆栽で手頃な物を見つけることができたので買ってみました。
クリニックのベランダに置いてみたので、ご興味のある方はぜひご覧ください!)


投稿日:2018年8月29日|カテゴリ:ブログ