新しい年度が始まりましたね。

新しい年度が始まりましたね。生活が変わった方も多いと思います。
異動、転勤、あるいは入学や入社など、人生の大きな転機を経験している方もいらっしゃるでしょう。

実は私(三宅)にも、ちょっとした生活の変化がありました。
この春から、ある大学院の心理学専攻の方に講義させていただくこととなりました。
学生さんに講義させていただくのは久しぶりなので、いささか緊張しました。最近では学生さんからの逆評価もあると聞いているので、尚更です。

つまらない授業となってしまって、皆が寝てしまったらどうしよう、とか、講義を重ねる度に学生さんが減っていって、最後には0になったらどうしよう、とか、悪夢のようなシーンが頭をよぎりました。
しかし、蓋を開けてみると、今時の学生さんは、とても真面目で、夜の遅い時間の授業にも関わらず、今のところ寝ている方は目につきません。
そればかりか、元気の良い学生さんからエネルギーをもらうような感じとなり、こちらも、良い授業をしようと気合が入り、勉強にも熱が入ります。

私は学生時代から、先輩に言われた、「最高の勉強法は、自分で教科書を書いてしまうことだよ」という教えが頭にこびりついています。
つまり、人に教えられるくらいに、ある分野をまとめると、その過程で、自ずから深い理解が得られる、という意味ですね。
ですから、人に教えさせて頂くというのは、自分にとっても、最高の勉強のチャンスと考えています。
今回の、講義を受けもたせていただくことを通して、私の知識をさらにブラッシュアップして、それを、皆様の診療に役立てられれば、と考えております

投稿日:2018年5月1日|カテゴリ:ブログ